食と健康について考えるブログ色んな角度から健康について語っていきます

 

カテゴリー:遺伝子組み換え作物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMO遺伝子組み換え作物を避けるためにすべきことは?知らないと危険な食品!

GMO-sm1.jpg


遺伝子組み換え作物『GMO』できる事なら摂りたく無いものです、
しかし殆どの日本人が知らないうちに口にしているのが現状です。

食品表示で遺伝子組み換え作物は使用してません、という表示はよく見ると思います
しかし、遺伝子組み換え作物使用、という表示を見たことある人はいるでしょうか

遺伝子組み換え作物を日本は大量に輸入しています
ではどこに行ったのでしょうか?



遺伝子組み換作物の使用表示基準

1・家畜の飼料として使用されるものは表示義務が無い。
2・検査で検出されない食品は表示義務が無い
3・原材料のうち量の多い上位4番目以降は表示義務が無い
4・原材料のうち総重量の5%未満のものには表示義務が無い
5・そもそも法律で原材料表示しなくてよいものは表示義務が無い
6・遺伝子組み換えでない原材料でも5%までの混入は認められている

現在、日本に輸入されていGMOはトウモロコシ、なたね、大豆、綿花などです。


こんな所に遺伝子組み換え作物は入り混んでいます

・スナック菓子、清涼飲料水に使われる甘味料はコーンから作られてます、
・殆どのビールにコーンスターチーが使われている
・醤油の原料の大豆は殆どが輸入物
・油の原料、スーパーで売られている一般的なサラダ油の原料は綿花、なたね、コーン、大豆などが使われてます。
・家畜の飼料、遺伝子組み換え作物で育った、牛、豚、鶏などがスーパーで売られてる肉である。



遺伝子組み換え食品をいかに避ければいいのか?

植物油(サラダ油)、異性化液糖(ブトウ糖果糖など呼び方は様々)
水飴、コーンスターチ、スナック菓子など、
遺伝子組み換えのトウモロコシ、菜種、大豆、枝豆等が原料になっている可能性があるものは避ける
(つまり、大半の加工食品、ソフトドリンクはNG)。
大手企業が国産と書いていてもNG。中小の信頼できる業者は別。

醤油は表示義務がないので、信用できる生産者を探す必要がある。

洗剤、化粧品、シャンプー、入浴剤などにも注意。

乳幼児用のフォーミュラ(調合ミルク、大豆を材料とするものもある)に注意。

また、政府の承認に関係なく、フリーパス状態で入ってくるGM食品がある。
例えば、rBGH(GMO牛成長ホルモン)を注入されたアメリカの酪農製品
(スターバックスはrBGH未使用の乳製品に切り替えている)、
GMO飼料で育った食肉・蜂蜜、アスパルテームなど人工甘味料。

有機JAS認定であれば、GMOが「ほぼ」入っていないと考えられるが、
やはり究極的には生産者が信用できるかどうかだと思う…



遺伝子組み換え食品だけに限らず、
添加物や産地表示の基準がいかに消費者より販売者よりに作られたものであるかがわかります。
安全な食品を手に入れるためには、信頼のある販売店を見つけると同時に、
加工食品を買わず、できる限り手作りする事が大切です。

GM_ProcessedFood-500x480-thumbnail2.jpg



【遺伝子組み換え作物の基本】


遺伝子組換え作物は、作物の遺伝子を改変することで特殊な機能を持たせ、
農家の作業負荷を減らし、生産性を上げることを目指した作物のこと。
農家の作業で最も大変な作業は、雑草の除草と害虫駆除である。


1.除草剤耐性

雑草が生える事で、作物の初期生育が悪くなるということ、雑草により作物への日当たりが悪くなる、
害虫を呼ぶといった問題を憂慮し、農家は作物以外の雑草を駆除するが、
農地が広がれば広がるほどその作業は重労働になってゆく。
特に米国の穀倉地帯のように、一人で1000エーカー(120万坪)もの農地での除草は現実的には不可能である。

そのため、除草剤を使用したいと考えるが、作物も枯れてしまうという問題点が残る。
そこである特殊な除草剤がかかっても枯れないという除草剤耐性を持つ遺伝子を挿入することで、
作物の上空から、除草剤を散布することを可能にしたため、省力化に成功した。


2.害虫抵抗性

トウモロコシや大豆は、蛾の幼虫による被害が非常に多い。
トウモロコシの上部から侵入し、粒を食い荒らすばかりか、ネキリムシにより根を切られる等の被害が頻繁に起きる。
そのため、通常は殺虫剤を散布するが、この殺虫剤が散布者の人体に影響があり、また作物に残留することが懸念される。

そのため、作物自体に殺虫成分を持つように遺伝子を改変したのが害虫抵抗性の遺伝子組み換え作物。
これにより、この作物の食害が減り、生産性を高めることができる。

その他にも、乾燥耐性や収穫量アップ等を実現する遺伝子組み換え作物は存在するが、
現在のところ大きく分けてこの二種類である。
なお除草剤耐性の除草剤はグリホサートという成分への耐性が最も多いが、
現在は複数の除草剤に耐性を持つ作物が生み出されている。
害虫も数種の害虫に対する抵抗性を確保している。

なお、除草剤も農薬の分類になるため、殺虫剤よりは毒性は低いが、
殺虫剤の使用が減る代わりに、除草剤の使用が増えるので、
相対的に農薬の量が減るとは言えないので、注意。




””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

最後までお読み下さりありがとうございました。

もしこの記事が、少しでも誰かのお役にたつ可能性があると思ったら
SNSなどでシェアし、広めていただけると大変嬉しく思います。


”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””





スポンサーサイト
キャッシング 注意点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。