食と健康について考えるブログ色んな角度から健康について語っていきます

 

カテゴリー:砂糖の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら聞けない砂糖の話し”甜菜糖”上砂糖”黒糖”三温糖”

黒砂糖、甜菜糖、三温糖、白砂糖、グラニュー糖、きび糖、

砂糖といっても様々な種類がありますが
さとうきびを原料にするものと、砂糖大根を原料にするものの2種類があります
砂糖大根を原料にするものは甜菜糖で
あとの、黒砂糖や三温糖、きび糖などは、さとうきびを原料にしています。



この二つの原料の大きな違いは


さとうきび
消化吸収が早い分、消耗も早いので血糖値の上下が激しくすぐに糖分をとりたくなりその結果、
低血糖症がおこったり、精神的にもキレやすくなる。
熱帯の植物のさとうきびは体を冷やす作用がある



砂糖大根
ゆっくりと消化されるので血糖値の上下が緩慢で吸収にも時間がかかるので、少しの糖分で長い時間もつ
寒冷地の植物なので体を温める作用がある。

CIMG5515.jpg


そしてサトウキビを原料とする砂糖の中にも種類があります。



黒砂糖
さとうきびの絞り汁を精製せずにそのまま煮詰めたもの、ミネラルが豊富でカロリーが低くめ、独特の香りとくせがある、



きび糖
さとうきびの絞り汁を精製したあと、煮詰めたもの、黒砂糖より白っぽくだいぶアッサリしている、
精製しているが白砂糖と比べるとミネラル多くがふくまれる。


三温糖
上白糖を製造する過程できた蜜を原料にし、
それを煮詰め結晶化した砂糖、茶色をしてるが黒砂糖ほどのミネラルはふくまれない、
栄養的には上白糖と変わらない、またカラメル色素で着色してるものもあるのでご注意を・・・



上白糖
白さをだすために精製過程で様々な薬品がつかわれ、とことん精製された砂糖、
ほとんどミネラルはないでしょうね、
こうなると調味料と言うより食品添加物ですね、
上白糖のとりすぎにより様々な病気の原因となってます、そしてなりよりもやめれない。
砂糖中毒になること
試しに砂糖をやめてみるとわかります、精神的にも肉体的にもなにかしらの禁断症状がでてきます、
僕も何度か試しましたが結構つらい(>_<)
どうしても甘味が欲しくなります、そんな時は砂糖以外で糖分をとるようにしてました。


『さとうきび以外の甘味料』

・甜菜糖(砂糖大根)
・メイプルシロップ(かえで)
・アガべシロップ(竜舌蘭)テキーラの原料
・ハチミツ(花)
・米飴


他にもありますが主だったものです
用途にもよりますが、
値段てきにも手頃で手に入り易くオススメなのが甜菜糖です。


メイプルシロップも美味しいですが、良質のものは結構高いですね、
だからこそたくさん摂る必要がない様な気がします
安いものは偽物も出回ってるので注意して下さい。
メイプルシロップだけに言えることじゃないのですが安いものには注意が必要です、
安くするために手を抜くか、工程を抜くか、材料を抜くか、
何かが抜かれてます、もしくは食品添加物で誤魔化された食品です。


最後に
白砂糖を使うより甜菜糖を使ったほうが良いし
甜菜糖よりメープルシロップのほうが体の負担は少ないのですが
全ての甘味料は体には悪影響がある事を知っておいてください。



そして一番とってはいけない甘味料が人工甘味料です、
今は様々なお菓子や食品につかわれています、
知らないうちにとってることが多いと思います。
0d1cd2b3.jpg




””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

最後までお読み下さりありがとうございました。

もしこの記事が、少しでも誰かのお役にたつ可能性があると思ったら
SNSなどでシェアし、広めていただけると大変嬉しく思います。


”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
スポンサーサイト
キャッシング 注意点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。