食と健康について考えるブログ色んな角度から健康について語っていきます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗腺の機能と熱中症の関係”汗が臭い理由”良い汗と悪い汗

um_146.jpg


汗の最も重要な役割は体温を一定に保つことです。
放射、対流、蒸発などで上手に体外に熱を逃がすしくみがありますが
最近では汗をかけない人や制汗スプレーなどで汗を止める人が多いようです
制汗スプレーを使ってる方は直ぐにやめることをすすめます。


汗をかけない人は汗腺の機能が低下している人が多くクーラーなどが原因になっています
汗腺の数は生まれから3歳ぐらいまでにどれだけ汗をかいたかで決まるようです、
生まれてから直ぐに空調の整った所で過ごす結果、
現代人は汗腺の数自体が少なくなっているのかもしれません



そして汗をかかない生活をしていると汗腺の機能がどんどん低下します
クーラーのきいた部屋にいると自ら体温調節をする必要がないので汗腺も怠けてしまうわけですね、
そうすると本当に体温調節が必要になった時、
汗をかけず体外に熱を放出することができず体温が上がり熱中症となってしまうのです
夏バテの原因の一つとも言えるでしょう。


クーラーにばかり頼らず、汗腺を鍛える方に目をむけてはいかがでしょうか?
私のの仕事場は夏は熱く冬は寒く、この時期はじっとしてても汗がでるなかなか厳しい環境です、
でも、そのおかげで夏バテも無く家でもクーラーがなくても平気です。


yun_567.jpg


汗腺の再吸収機能
汗腺は汗を出すとき、血液から水分を吸い取るのですが、
その際いったん吸い取った水分から身体に必要なミネラル分を血液に戻しています。
その後、身体の外に汗を排出しています。しかし、
これが部分汗になると、汗腺の数が少ないため一つ一つの汗腺の負担が増してしまいます。
すると汗腺の再吸収機能が追い付かず、
身体に戻すミネラル分を血液に戻せないまま汗といっしょに排出されます。
さらにその汗には、
血液に再吸収されるはずだったアンモニアや尿素などの物質も含まれているためくさい汗となってしまいます。




汗腺の鍛え方良い汗と悪い汗

悪い汗とは・・・
汗腺の再吸収機能の低下により身体にもどすはずのミネラル分や乳酸まで排出してしまってる汗のこと、
臭いがありベタベタし蒸発しにくいため、体を冷やす能力が低い。

良い汗とは・・・
臭くなくサラッとしている、蒸発しやすく体温を効率良く下げる事が出来る。
良い汗をかくために日頃から汗をよくかくようにし、汗腺の機能を高めていきましょう。

汗腺の機能を高める方法は

定期的に運動をすることやエアコンを控えるのはもちろんですが、
なかなか難しいという方は足湯も効果的です、

バケツにお湯をはり、自然塩をひとつまみ入れお湯がさめたらたし湯をしながら15分ほど温めます。
そのあと、ぬるめのお湯につかって完了、
お風呂上がりはクーラーにあたらないで下さい、汗腺が閉じちゃいますので
自然に汗がひくまでのんびりして下さい、
良い汗が出てきてるのでそれが蒸発し自然と体が冷えてくるのが実感できるでしょう。

熱中症対策に最適なお水はこちらの記事を参考にして下さい




””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

最後までお読み下さりありがとうございました。

もしこの記事が、少しでも誰かのお役にたつ可能性があると思ったら
SNSなどでシェアし、広めていただけると大変嬉しく思います。


”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

コメント

コメントの投稿

秘密
キャッシング 注意点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。