食と健康について考えるブログ色んな角度から健康について語っていきます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとんどの加工食品に含まれる人工甘味料は安全なのか??

img_1.jpg


疑惑の甘味料

カロリーオフのジュース、ビールなどの飲料、
歯磨き粉、ガム、アイスなど様々な食品につかわれています

人工甘味料
・アスパルテーム
・アセスルファムカリウム
・スクラロース
・サッカリン


天然に存在する甘味料であり、人工的に合成される場合がある甘味料
・トレハロース
・マルチトール
・キシリトール
・ソルビトール
・ステビア

などが代表てきですが、他にもまだあります。
一度は聞いたことや見たことがあると思います、
加工食品の成分表を見ると、何かしらの甘味料が使われていることが多くあります。

砂糖の数十倍から数百倍の甘味をもち、カロリーを抑えられることからダイエット食品、
カロリー0のジュースなどによくつかわれていますが、安全性には疑問があり色々な論争をよんでます

chishiki004.jpg

人工甘味料には主に3つの作用があると言われています。

①ホルモンに影響を及ぼして体内に脂肪を蓄える。
②味覚を鈍化させる。
③コカイン以上の依存性がある

ぶどう糖果糖液糖というトウモロコシなどの澱粉から作られたシロップがあります
(これらにつかわれるトウモロコシはほぼアメリカの遺伝子組み換えのトウモロコシです)

ジュース、缶コーヒーなどの甘味につかわれてます(砂糖より安価なため)
この様な精製された甘味料は体に入るともうこれ以上分解する必要が無いので、
すぐに吸収され血糖値が跳ね上がりますこんなことが繰り返された結果、
子供の糖尿病が増えている原因の一つになっています。

人工甘味料に限らず、食品添加物の中には
日本では認可されているが他の国では認可されていないものなどあったり、
何十年も使われてきたのに発がん性があるから使用禁止になったりと不安を感じてんがおおです。
国の安全基準はあてになりませし、信用しないほうが得策かと思います

安全な食品を手に入れるためには、
信用できる仕入先を見つけることが大切になってきます。





””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

最後までお読み下さりありがとうございました。

もしこの記事が、少しでも誰かのお役にたつ可能性があると思ったら
SNSなどでシェアし、広めていただけると大変嬉しく思います。


”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

コメント

コメントの投稿

秘密
キャッシング 注意点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。